1 DAY 1 PAN

福岡のあのパン屋さんのパンってどんなパン?

有機あんフランス / パンスケープ

2016/08/11

an_panscape02

有機あんフランス

239円(税込)

スポンサーリンク

パン屋の店頭に「あんフランス」の文字を見かけるとついつい立ち寄ってしまう。
それくらい、無類のあんこ&ハード系パンの組み合わせが好きである。

こちらのあんフランスは、パン生地に全粒粉が20%含まれている。
店員に聞くと毎朝店内の石臼で挽いているとのこと。
その通り、食べようとしたときにしっかりと粉の香りがした。

食感はというと、クラストは見た目の色のわりには硬くなく、クラムはむっちりとしている。
お餅のようにむっちりしたパン生地と、甘さ控えめのあんこの組み合わせ。
まるでおはぎを食べているのかと錯覚する瞬間さえある。

全粒粉のパンにありがちなぱさつきは、食べ進めていっても一向に出てこない。
ずっと水分たっぷりのクラムに、はしっこまでたっぷり挟まれたあんこ。
バターをはさんで食べたらさらにおいしくなること間違いない、と思う。

朝挽きの全粒粉でつくるパン生地は安定しない、と言っていた。
だが、粉の新鮮な香り、風味を伝えたいという店の想いは、確かにパンにこめられている。

-パンスケープ
-

スポンサーリンク